読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちが漏れそう!!

戯言だぽ☆

光と影

20年くらい前の昔の話しだ。

9月の中旬。

私は、1レース目から中山競馬場にいた。

1レース目から立て続けに全て外れた。

6レースの新馬戦が始まるころには、私の所持金はゼロになってしまっていた。

牛丼代として残しておいた500円を除いて。

私は仕方なく帰ろうとしていた。

東西線を目指しホールを歩いていた。

そのとき、私の目に一人の厩務員の姿が映った。

その厩務員は、レースが終わった後の馬を引っ張っていた。

私は驚いた。

なぜなら、その厩務員は号泣していたのだ。

 

私は、はじめ、彼が何かのミスして、悔しがって泣いているのだと思った。

勘違いだった。

彼の引っ張っている馬は、さきほど終わった3歳未勝利レースに出走していた馬であったのだ。

 

このころの中山競馬場では、新馬戦が始まると同時にスーパー未勝利戦が始まる。

3歳未勝利馬が出られる最後のレース、と言ってもいいレースだ。

 

私は把握した。

どうやら、その馬の出せるレースは、その3歳未勝利レースが最後のようであった。

厩務員は、出せるレースが無くなったその馬の行先を知っているようだった。

 

彼は、馬房の隅で、馬の汗を静かに拭いていた。

そのとき、スタンドの方から大歓声があがった。

人気していた良血馬が、6レースの新馬戦で勝ったようだった。

スタンドの大歓声とは裏腹に、馬の汗を静かに拭き続ける厩務員。

私は何とも言えない気持ちになった。

新馬戦を勝った良血馬は、この先、種牡馬としての道も拓けるのかもしれない。

その裏で、生かされることもままならない馬が、ここにいる。

私の脳裏に「同じ馬であるのに」という言葉が浮かんだ。

 

私は、牛丼のために残しておいた500円を握りしめ、帰る方向とは逆の方向に歩き出した。

その500円で、午後のスーパー未勝利戦の馬券を買った。

運に見放されていた私の馬券は、無残に外れた。

レース終えて帰ってくる馬たちの姿を、私は見ることができなかった。

 

私は空腹のまま家路についた。

空腹はとても辛いものだった。

しかし、その空腹の辛さは、牛丼を食べていない、そのことによるものでは無かった。

 

私は、これ以降、競走馬にとって勝たなくてはならない大事なレースを、選んで買うようになった。「次は、もう無い」というレースだ。

 

馬も人間も同じだと思う。

次が無い大事な一瞬一瞬を生きている。

その一瞬は、とてもさりげなくそこにある。

 

今日のダノンプラチナは、私にとってそういうレースだった。

だから単勝を買った。

私がダノンプラチナを推した理由を述べるならば、この話をする必要があった。

以上