読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちが漏れそう!!

戯言だぽ☆

岩田康誠ヌーヴォレコルト

現在、3月11日午前3時。

本日、中京競馬場にて金鯱賞が開催される。

 

その金鯱賞に、岩田康誠ヌーヴォレコルトが出走する。

中山記念から中2週。準連闘だ。

 

前回、2月26日の中山記念のとき、思うところがあり、記事を書こうか迷っていた。

今回の金鯱賞。書かないと後悔すると思い、いま書いている。

 

岩田ヌーボは、現在6歳の牝馬

年齢的に、競走馬として限度レベルに達しつつある。

4月5月の繁殖に備え、これが最後のレースになる可能性がある。

 

岩田ヌーボは、2014年のオークス馬だ。

 

2014年は、岩田にとって、忘れられない年だった。

4月27日、岩田の騎乗が原因となり、後藤が落馬するという事故があったのだ。

それは、とてもショックな出来事であった。

 

その1か月後、岩田ヌーボは、オークス馬になった。

そのときの岩田の勝利者インタビューは、今まで聞いたことがないものであった。

誰もが黙ってしまうものであった。(2分40秒あたり)

 

youtu.be

 

約7か月後に、見事に後藤は復帰を果たした。

彼は、復帰後3日目で、勝利もした。

今でもはっきり覚えている。

後藤が岩田の肩を叩いたとき、私は何ともいえない嬉しさがあった。

(1分7秒あたり、ピンクの勝負服が岩田)

 

youtu.be

 

その3か月後、2015年2月27日。

後藤は、帰らぬ人となってしまった。

 

そして、数か月後。

誰もが知るように、岩田は、前の岩田ではなくなってしまった。

重賞勝利も、1年を超えて挙げることができなくなってしまっていた。

 

騎手生命を奪う要因にもなったレース。

私が彼の立場なら、レースで乗ることさえもできなくなっていただろう。

(このことは彼の負担になりたくないため、私は今日まで絶対に口にしなかった) 

 

2017年、中山記念

奇しくも、後藤の命日の前日。

 

あの2014年にオークス馬となった、

あのインタビューをした、

岩田ヌーボが帰ってきた。

 

私は、『これを区切りにしよう』と、つぶやいていた。

単勝馬券を買い、レースを見守った。

結果は7着だった。

私は、『必ず次がある』と、願いにも近い思いを、そのとき持った。

 

2週後だった。いま書いている現在3月11日。

 

後藤と共に、忘れたくない岩田ヌーボ。

今日の金鯱賞で走る。 

 

もしかしたら、もしかしたら、最後かもしれない。

 

そして『その最後で、今までの最後にしようよ』と、

『生きていく、ということは、きっと、そういうことの連続』と、

『私も、今までの人生で失った人たちのことを最後にしていく』と。

 

そう思い、私は、いま書いた。 

以上